> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 看護職員7割が慢性疲労 日本医労連調査(産経新聞)
 全国の看護職員約2万7千人の健康状態について日本医労連が実施した調査で、「慢性疲労」を感じているとした人が7割を超え、妊娠をしたことがある約3500人の3人に1人は流産になりかける「切迫流産」を経験したと答えたことが分かった。医労連は「人手不足は深刻で健康を害する人が増えている。国に人員増などによる労働条件改善を求める」としている。

 調査は昨年11月〜今年1月、全国の医療機関や介護施設で働く看護師、准看護師、保健師、助産師を対象に実施。約6万人に調査票を配布し、計約2万7500人が回答。女性が94%を占めた。

 健康状態が「非常に不調」「やや不調」とした人は計37.8%。「疲れが翌日に残る」「いつも疲れている」と答えた人は73.5%に上り、昭和63年の調査に比べて7.2ポイント増えた。「健康に不安がある」は61.8%で、鎮痛剤や睡眠薬など何らかの薬を常用しているのは約6割に上った。

【関連記事】
医大院生は勤務医と同じ 「過労で交通死」鳥取大に賠償命令
介護疲れ入院、綾戸智恵「精神安定剤を多めに飲んでいた」
若い世代は飲酒より疲労とストレス 「人体の化学工場」肝臓
故清水由貴子さん 介護の日々が一冊に 介護うつ、孤立せず周り頼って
ある日突然「沈黙の殺人者」が… 合併症リスク高める高血圧症

原田大二郎が民主から出馬…山口選挙区(スポーツ報知)
口蹄疫対策、支援に努力=東国原知事と会談−平野官房長官(時事通信)
大学生の基礎学力低下、提携の高校で補習へ(読売新聞)
ログハウス がん手術2度乗り越え、夢実現へ 愛知の男性(毎日新聞)
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
[PR]
by 3obaehx0uz | 2010-05-18 22:34

タクシー運転手で頑張る日々の記録
by 3obaehx0uz
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧